| TOP | オフィシャル | 各地域事務局 | ニュース | 大会情報 | 日本ランキング | TOP選手紹介 | JDOについて | リンク | HowTo |
ニュース
ラスベガス速報!


ラスベガス・レポート・ファイナル

 最終日の日曜日は、長澤くみこ選手のクリケットベスト8の結果の他、初参加の中 島聡子選手などの健闘が多くのJAPANファンを作りました。

 また、各メンズに参加した男性陣も最終日、最強人と当たるブロックにいたにも かかわらす、あと少しの大健闘で、惜しくも敗れてはしまいましたが今後につな がる大変素晴らしい試合でした。
 あらためて日本人のレベルの高さを示す事もできたと思いますし、中でも ODOマ スターズを征し、代表参加した榎股慎吾選手は、数々のピンチに屈せず、チャン スに強いゲーム展開を見せ仕事人(愛称)と呼ばれるくらいの頑張りでした。

 故、トム&デラー・フリートウッド両会長の後を引き継いだオーガナイザーとも交 流を重ね、引き続きラスベガス大会にチャレンジ(サポート)する約束も交わし てまいりました。

 今回の大会には米国のみならず、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、日本、 スェーデン、イギリス、ハワイ←は、アメリカか…。 (笑) などなど、遠方より参加があった国際色豊かな大会でした。

 また、ハワイアンOpenの開催に、JDOの参加が期待(招待)され、色々詳しいお話 しをさせていただきましました。
 期間中、会場内では多くの人達が、今年も JDOの参加を喜んでくれ今まで参加し て来たメンバーの名前…特に神奈川DOの吉田リサさんを探す方々や、様々なコン タクトをしてこられるフレンドリーな人達が多くなったと感じる日々でした。

 思い起こせば 20数年前…。
海外派遣はアジア近郊ばかりのJDOが、初めてアメリカ大会へ参加しようとしたニューヨークOpenで、思いもよらぬ歴史的な豪雪に、大会は中止というアクシデン トにみまわれ、出発2週間もないという時間の無い中で、当時、神奈川県在住で東京DOの副会長を歴任された越石さんには色々と手配や交流の橋渡のきっかけを作 っていただいた事を改めてここで感謝したいと思います。

American Darts Organizationのサイト
 → http://www.adodarts.com/

1/29(土) 20:30 [ ラスベガス現地時間 ]

―Mixed Triples 601 ―

 現地時間6時から行われたミックストリプルスにて平賀正弘(神奈川代表)、中島 聡子(東京代表)、榎股慎吾(大阪代表)の各選手で組まれたチームが快進撃。 これはいけるとメール打っていたクオーターファイナルにてダブルの打ち合いの 末、負けてしまいましたが、ベスト8に残る成績を収めました。 いよいよ、明日は最終日。 今いち力を発揮できていない選手達に新たな闘争心に火を付ける試合内容でした 。


1/29(土) 16:30 [ ラスベガス現地時間 ]

― Womens Singles 501 ―

 昨年2位の長澤くみこ選手(愛知)がクオーターファイナルで敗退。ベスト8に入賞しました。。

ベスト4は下記の通りです。
 1st: Stacy Bromberg (4-3)
 2nd: Cindy Pardy
 Top4: Lisa Yee
 Top4: Barb Lazaruk


1/28(金) 23:30 [ ラスベガス現地時間 ]

― Draw Doubles ―

神奈川代表の竹内敦選手が決勝戦まで進み、惜しくも負けてしまいま したが、準優勝いたしました。

ベスト4は下記の通りです。
 1st: Dennis Nilsson/Alan Traub
 2nd: Chris Rader/Atsushi Takeuchi
 Top4: Vegar Elvevoll/Brett Stakler
 Top4: Lawrence Gallagher/Richard Rehm

 

J.D.O. ジャパン・ダーツ・オーガニゼイションズ
〒121-0064 東京都足立区保木間4-49-8
office@japan-darts.com
Copyright © 2000 JAPAN.Darts.Organizations All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
当サイト全てのコンテンツの無断複製・転載を禁じます。